Publisher Studio

2017/06/25

【豚ハツ】食肉センターっぽく食べる




雨降りの日曜日。

昼ビーしようとツマミを探しに近所のfujiスーパーに行くと綺麗な色味の豚のハツがあった。
てっきりブロック状で売っていると思ったけど既にスライスされているのね。
そこで神保町の食肉センターで食べたハツっぽく食べようと購入。
レシピは簡単、血抜きなどせずに塩ダレで味付けしてフライパンで色が変わるまで焼く。
あとは玉ねぎスライスの上に乗せてレモンを絞って完成。

ハツのコリッとした食感にサッパリしたレモン味のオニスラがメチャ合うんだわ。
一緒に食べるのがオススメだよと奥さんに言うと「牛タンっぽくて美味しい」とご満悦。

特にクセも脂も少なく、なにより100gで198円と安い。
更にはビタミンB2が多く含まれるので口内炎が出来たら食べるのもアリかも?

あ・・・でも塩ダレ味とレモンで口内炎に染みちゃうか。





2017/06/24

【BBQセット】 ドールランドみなかみ さくらんぼ狩り




会社の企画したバス旅行で群馬県は利根郡みなかみ町「ドールランドみなかみ」にて
さくらんぼ狩りに行ってきた。
イチゴやミカンと違ってさくらんぼは6月中旬から7月上旬と狩れる期間が短いんだよね。

30分食べ放題コースにドールランドセット(BBQとジェラート付き)を付けて大人3,050円ではあるが、
セットメニューが一番ショボイCセットなので450円増しでBセットをチョイスしたとのこと。

さて、ドールランドみなかみに到着するなり徒歩でさくらんぼ狩りの出来るネットハウスに案内され
30分の食べ放題が開始される。その辺にヘタや種を捨てないようにと容器を受け取る。
容器が満タンになったら置いてあるゴミ箱に捨てるのだ。

さくらんぼの品種は「佐藤錦、ナポレオン、紅秀峰、正光錦」とあったが、正直どれがどれかは分からんね。



木の高さはそれほど高くないので小さな子供でもはしごを使うことなく取れるのだけど、下の方は熟しておらず
上にあるのは赤く熟していた。まぁ全体的に時期尚早だったのか熟しているものは少なかったかな?
ぶっちゃけイチゴと違ってさくらんぼの30分食べ放題はあんまり食べた感が無い。
あと名前はdoleだけど、ドールっぽさの雰囲気が皆無だった。

続いてガーデンレストランにてバーベキュー。
先程も書いたけど通常の狩りモノと一緒になったドールランドセットのBBQはCセットだが
公式HPに書いてあるメニューを見ても分かるように、内容がショボイ。
せっかく来たのだからと450円増しでBセットにランクアップ。
なおAセットはBセットの内容にエビが付くだけ。それで更に300円増しなのでコスパが良いのは
Bセットだろうと思う。そもそもエビは手がベタベタになるのでBBQではイマイチ不人気だし。

もち豚ロースと骨付きウインナーそしてアルミホイルに包まれた骨付きスペアリブ。あとライス。

グリルフルーツはアルミホイルと一緒になったバナナ。これを焼いて食べる。
最初は肉が少ないか?と思ったけど意外とお腹が一杯になった。
・・・まぁ行きのバスの中で散々ビールやら日本酒を飲んだってのもあるか。

最後のデザートとしてジェラート。
ドールランドなので季節のフルーツ(今はさくらんぼ)があるかな?と思ったら無し。

ラムレーズンのジェラートは普通に美味い。でもセットじゃなければわざわざ食べなくても良いなぁ。

お土産売り場も「これぞフルーツのdole」といったものは無かったな。無難な群馬のお土産ばかりなり。
てか、お土産売り場で缶詰ってどうなのかね?何処にでも売っとるわい。
なので土産系はあんまり期待できないかな?

今回のバス旅行では単にさくらんぼ狩りとBBQだけだったので、正直「わざわざ群馬県のみなかみまで
来る必要無かったんじゃね?」と思ったけど、人数限定で開催されている果樹園ツアーに参加が
出来れば楽しかったであろう。たぶん。
小さな子連れであれば手作り体験ツアーでジャムやパイを作って楽しめるか?とフォローしておこう。

個人的にさくらんぼ狩りをするなら一昨年に行った沼田の原田農園の方がオススメかも。
人気スポットでさくらんぼ狩り原田農園【沼田】





2017/06/23

【スモジ期間限定】 昆布ナッツ夏あじVer




相模大野ラーメン二郎(通称スモジ)に限定メニューの「昆布ナッツ・夏あじつけ麺」を食べに行ってきた。

昆布ナッツとは塩昆布、ピーナッツ、刻みタマネギ、生姜をカツオのタレで和えたものを、
冷たいつけ麺の上に乗せたもの。ちなみに冬場はあつもり(麺が温かい状態)で提供されるらしい。
いやホント、スモジの店主は色々と考えるもんだねぇ。なお、汁なしの賄いと違ってスープも提供される。

まずは麺を混ぜ合わせてそのまま食べてみる。
塩昆布の塩加減、ナッツとタマネギのガリザク食感、ほんのり口の中に残る生姜の後味。メチャ旨いじゃんか。
固めに締められた麺にバッチリ絡んでるわ。もうスープに浸ける必要なし。そのままで十分だよ。
ただ鰹のタレの味はイマイチ分からず。タレというか顆粒のカツオ出汁を入れてあるのか?

せっかくなのでスープに浸けて食べてみると、スープの方が昆布ナッツの風味よりも強くてイマイチ。
話によるとあつもりの場合はスープに鰹の出汁が利いていたそうだけど、冷たい麺の場合は
至って普通のスープだった。

結局スープにつけたのは2~3回で、あとはひたすら麺だけで食した。むしろそのまま食べた方が旨かったな。
途中で賄いっぽく野菜を麺の上に乗せて食べるものあり。昆布ナッツマジで気に入っちゃったよ。

ところでスーパーで売られているマルちゃん「つけ麺専用中華麺」を買ってきて、塩昆布、タマネギ、
生姜、ピーナッツ、そしてカツオの出汁(タレ?)で和えたら自宅で昆布ナッツが出来るのかな?
機会があったら試してみよう。