Publisher Studio

2012/07/15

【初心者向け】 上大島キャンプ場の雰囲気紹介



スバル フォレスター乗りオフ会イベントの毎年恒例行事である
夏BBQ大会に参加してきた。
※2015年版 上大島キャンプ場の下見ブログはコチラ

場所は去年と同じ相模原市緑区にある上大島キャンプ場。
ちょっと分かりづらい場所にあるので地図の古いナビだと迷うかも?

県道48号線「相模川自然の村入り口」交差点を曲がる。

細い道を進むと「上大島キャンプ場」と書かれた立て看板があるので
見落とさないように進んでいく。

混雑の予想される3連休の合間と言うことで現地に8時ちょっと前に到着。
案の定、駐車場は受付のある好立地は既に満車。

ただ去年のような駐車場の場所取り目的でロープを張っての確保や
椅子や道具を置いての確保が少なかった。(でも未だにやってる輩も居る)

ここのキャンプ場は9時から受付と書いてはあるが、実際は8時前に来て
道具の持ち運びや設営をしていても問題ないみたい。
というか、受付時間を守って9時過ぎに来ると駐車場確保が難しいかも。


9時になり受付を済ませた後、今年はBBQコンロのレンタルをしてみた。
BBQで何がメンドクサイって使い終わったコンロの清掃なんだよね。

このコンロは中に仕切りがあって遠火と近火で焼けるようになっている。


これは良いかも。結構レンタルしている人が多いのも納得。
ちなみにコンロレンタルは鉄板と網を付けて1,000円

更に炭3kg(500円)と薪(500円)
かなり重いので大人2人じゃないと持っていけないので注意。

去年来て気になっていた貸しテント

受付で話を聞いたら1泊1,000円でレンタルができる。
中はスノコになっていて、入口はメッシュにもなるので涼しい。
夏休み期間になるとレンタルする人が多く、借りれない事がある。
テント使用者のみ、テントの周りでBBQが可能。

このレンタルテント、なかなか良さそうだよね。
炊事場も近いし広さも3畳ぐらいあるから4人家族ぐらいなら余裕っぽい。

もうひとつ気になっていた水遊び場。
去年は相模川の下流の方にある釣り堀が子供の遊び場と思っていたけど、
実は湧き水の池がプールのようになっているとの事で、様子見
水深は子供の膝下位なので溺れる心配もなさそう。
幼児でも安心なのが良い。

そう言えば毎回、炭おこしに着火剤やバーナーを使っていたけど、
今回はYoutubeで見た炭おこしにチャレンジ。
やり方は簡単。
ひねって棒状にした新聞紙を井の字に置く。
井の字の周りを囲うように炭を置く。
新聞紙に火を付けたら完了。いわゆるトンネル効果だね。
だがやり方が悪かったのか、炭の組み方が大雑把だったからか、
思ったように火起こしができず、結局ガスバーナーを使う。
やっぱこっちの方が早いわ。

火が起こったら後はひたすら、焼いて食って飲む。



今回は変わり種として各自がハンバーガーを作る。


チーズのとろけ具合が最高。
口の周りを汚しながら分厚いバーガーをかぶりつく。

最後の締めは焼きパイナップル。
実はBBQでは初の試み。
少しぐらい変わった食材が無いと面白くないもんね。

本来ならパイナップル1個をカットしてシナモンパウダーを振るのだが、
簡単手軽に予めカットされた缶詰を使用。

肝心の味の方はというと、表面が焼かれたことによって
パインの甘みがギュッと濃縮された感じ。
言うなればドライフルーツのような味わい。
美味いか不味いかと聞かれたら、恐らく美味いカテゴリーに入るね。

BBQが単なるアウトドア焼肉大会になるのならば、
たまには変わった食材を焼いたりするのもアリですな。

※2015年版 上大島キャンプ場の下見ブログはコチラ


関係ないけどBBQの後は奥さんの実家に行き、息子4歳の誕生日前祝いをしてもらう。
色々と用意してもらっちゃってありがたいです。